自社工場の移転に伴う跡地有効活用から始まったのが山八商事の不動産関連事業です。
その後、時代の変化に合わせ事業内容を変化、成長させ、商業テナントの店舗網拡大及び維持ニーズに対し、
不動産ディベロッパー及び安定物件ホルダーとして貢献することで、投資規模を拡大してきました。
これらの商業テナントとの連携を更に強化し、今後は新規店舗開発及び安定ホルダーはもちろんのこと、
売却物件のオーナーチェンジ対応、スクラップ店舗資産の再活用支援など、さらにダイナミックに展開してまいります。

ワイズグループ3つの強み

Strengths

  • 人の集まる立地

    立地選定力

  • 人を集める力

    テナント力、運営力

  • 効率的な運用

    ストラクチャー構築、企画力

昨今世間を騒がせた不動産投資に関わる一部業者の存在によって不動産投資に対するイメージの悪化が懸念されておりますが、
私たちは不動産業界特有の不確実性の抑制、不透明性の払拭、流動性の確保を両立した不動産投資商品の開発に注力しております。
CAD(Corporate Asset Development)と名付けた、ワイズグループ独自の「不動産M&A による不動産投資」と、
SSS(Small-lot Securitization System)と名付けた「投資用不動産の小口化システム」の開発及び普及を通じ、
投機性を抑えた透明性の高い不動産投資商品の開発を進めます。
自社、テナント企業、一般投資家が共存共栄できるビジネスモデルを業界で確立させることが、
不動産関連事業において私たちの目指すところです。

CAD (Corporate Asset Development)

  • 事業計画立案
    子会社の設立

  • 新規物件開発(商業不動産)
    テナント誘致

  • 賃貸管理、販促支援活動

  • 法人譲渡による売却

SSS (Small-lot Securitization Sytem)

  • 投資物件の
    選定・取得

  • 投資物件に適した
    小口化方法の立案

  • 小口化商品の
    組成・販売

  • 物件管理・収益管理
    ・テナント営業支援

  • 投資の償還と
    投資物件のイグジット